NFTとは?デジタル資産ツイッターCEOの初ツイートを3億円超で落札??NFTとは?

3月20日に大きなニュースになりましたが、ツイッターCEOの初ツイートを3億円超で落札ってそんなものに価値があるのと思いました。そしたら新しい資産タイプというキーワードが出てきた。

その名はデジタル資産NFT

デジタル資産?ってなに?

画像、映像、音楽、テキストからツイッターへの投稿まで、あらゆる種類のデジタルコンテンツの権利がNFT

ざっくりな説明ですね~

でもほんとこれが一番分かりやすく説明すると、

NBAのトップショットで、プロバスケットボール選手、レブロン・ジェームズさんがスラムダンクを決めるビデオクリップが20万8000ドルで売却。

この瞬間の映像の権利がいち個人が所有権を買ったという内容です。

この所有権をトークンというんです

かっこいい言い方をするのであれば、

暗号資産(仮想通貨ビットコインとか)の基本技術として知られるブロックチェーン(分散型台帳)に存在するデジタル資産のこと。ブロックチェーンは公共性のある台帳で、誰でもその資産の真正性や所有権を証明することができる。

そのため無制限に複製が可能なほとんどのデジタル資産とは違い、固有のデジタル署名を持ち、

 「唯一無二」なのです。

そんなの買う????

世界に1個ですよ?

コレクターなら買いますよ!

ツイッターCEOの初ツイートを3億円超で落札されてます

ただの画像にこの値段です。でもこの初ツイートがなければ、Twitterはなかったかもしれないです。

歴史的価値に値するという意味で、この金額になったのかもしれないですね。

では昔、仮想通貨が出来たときに、伸びると思った方はどれだけいますか?

賢い投資家の方くらいでは?

NFTはその次の仮想通貨になるのではと注目されているのです。

なぜ注目された?なぜNFT取引の急増しているのか?

これは、新型コロナウイルス流行によるロックダウン(都市封鎖)で自宅にこもり、インターネットに費やす時間が増えたのが原因と指摘もある。ただ、NFTは所有者がオンラインの友人に見せられる所有権を得る手段なのです。

急激な値上がりで大きなリターンを得ようと参入した人もいるのと近年は「仮想通貨長者」が大量に生まれ、イーサリアムを投じている。

でもなんで急に報道とか露出が増えたの?

日本ではまだないですが、今後重要なものになるのではと考えが生まれ始めたからです

熱心な推進派は、NFTが将来の所有方式になると見ている。最終的にはイベントのチケットから住宅まで、あらゆる資産の所有権がNFTによってトークン化されると考えているみたいです。

アーティストにとっては、どうやってデジタル作品から収入を得るかという問題の解決策になるかもしれない。アーティストは最初に作品を売却した後も、NFTの持ち主が変わるたびにロイヤルティーを受け取ることができるからメリットも大きいですね。

NFTで音楽の形も変わるだろう。キングス・オブ・レオンのNFTを買った人々は、限定版のレコードや将来行われるコンサートの席を入手できるようにもなる。

でもデメリットは忘れちゃダメですね。

ぶっちゃけNFTは誰でも生み出せちゃうものです。様々なNFTが希少価値があるとはいえ、その価値が保証はされてませんよね。ブームが終われば、価値が下がる可能性だってあります。

今はまだ小規模に近い状態ですが、今後のNFTがどう伸びるかはチェック必要かもしれませんね

タイトルとURLをコピーしました