電子タバコとは? おすすめ電子タバコは?!

副業・趣味

近年、値上がりを続ける紙たばこ。

アイコスなども出てきてますが結果、たばこ代は変わらないですよね。

だって昔は150円とか300円でしたよね?

今は500円~560円ですよ!!!

1日1箱1カ月で15,000円です。

計算すると喫煙者でもわかるぞっとする金額。

ここが安くなれば年間180,000円くらい節約が出来るかもしれませんよね?

でもね~喫煙者って簡単には辞めれないですよね

理由は様々ですが一つの趣味みたいなものなんです

逆に趣味を奪われるのは嫌ですよね?

趣味をやめる辛さは、非喫煙者も喫煙者も一緒なんです

奪わないで~

でもやっぱりこの御時世、節約は大事なんですよね~

そこで私は昨年から電子タバコを使い始めました

紙たばこと併用使いをしています。

使う前までは1日1箱

使い始めてからは1日10本行くか行かないかまで減っています。

知り合いから勧められましたが、はまっています。

ここから電子タバコの解説をしていきます

電子タバコって何?

電子タバコは簡単にいうと香りを水蒸気で楽しむ嗜好品です。

さまざまな味や香りのリキッドを電力で加熱して気化させた蒸気を吸引する嗜好品のことで、「VAPE(ベイプ)」とも呼ばれます。

今は加熱式たばこっていうのもありますよね?

あれとは違うの?

全然違うんですよ

アイコスのような加熱式たばことの違い

似ているようで全然違うんですよ

分かりやすく表にしてみました

電子タバコ=蒸気とフレーバーを楽しむ嗜好品

加熱式タバコ=タールを減らしたタバコの代替品

ここで簡単に違いが分かりましたね。

じゃあ加熱式たばこではなく、電子タバコを私が選ぶのか?????

理由は3つ

豊富な本体種類

豊富なフレーバー

割安なランニングコスト

順を追って解説していきましょう

豊富な本体種類

加熱式タバコが「アイコス」・「グロー」・「プルーム・テック」の3種類であるのに対して、電子タバコは数多くのメーカーから豊富な種類の商品が販売されています。

デザインから機能性など人それぞれ基準に合わせて自分好みの1台を選ぶことも可能になります。

でも始めるには、アイコスなど同様に本体のコストがかかりますが、低価格帯もしっかりあるので「試してから本格的に始めたい」という方にも嬉しいポイントです。

特に電力を使って蒸気にして吸うというポイントは加熱式たばこ、電子タバコも一緒なのですが、ここで更に電子タバコには隠れポイントがあるのです。

それは電力のパワーを変えられるところ。

電子タバコはコイルとバッテリーを使い、蒸気にします。

もちろん本体のパワーも重要ですが「コイル」を変えるだけで

パワーが上がり、吸いごたえは格段に上がります。

機種的にも大量の蒸気を発生させる吸い方(=爆煙)を楽しんだり、タバコや加熱式タバコにはない楽しみ方ができることも電子タバコの魅力です。

豊富なフレーバー

アイコスのような加熱式たばことの違いで解説した通り、電子タバコはニコチンとタールを基本含みません。

しかし、さまざまなフレーバーを吸い応えのある蒸気で楽しむことができるため、多くの喫煙者から支持されています。

種類は本当に様々で普通のメンソールから果物や販売されているタバコ風味(マルボロやセブンスター)一番驚いたのは、「ピザと牛丼」!!さすがに購入する勇気は出ませんでした(笑)

私の個人的な好みはパイナップルとラムネとメンソールを2:1:0.5で割ったものです。これがまた癖になるのです。

私のように2つのフレーバーを足して楽しめるのも電子タバコのメリットの一つですね

割安なランニングコスト

これは表にした方が分かりやすいので下の表を見てください

※タバコの吸引回数はタバコ1本=吸引回数10回、電子タバコの吸引回数はリキッド0.1ml=タバコ1本(吸引回数10回)として計算しています。

私がリキッド購入で使用しているサイトを引用させていただきました。

商品にもよりはしますが電子タバコの方は約4倍吸引が出来るのです

個人的にはもっと吸えている感覚があります。

いかがでしょうか?

非常にメリットが豊富な気がしませんか?

でもいざ何かを始めようとすると壁が絶対出現します

電子タバコも壁が用意されています

機種本体選びです。

ここの解説もしっかりと行っていきましょう!!!

初めての本体選びとリキッドの解説

今回は2種類の機種をご紹介します

リキッド式電子タバコ

使い捨て式電子タバコ

2の二つがどんな方にお勧めかご紹介していきますので自分がどっちに合うか確認してくださいね!

リキッド式電子タバコ

自分でリキッドを補充するタイプで

・本体種類が豊富

・ランニングコストが割安

などの特徴があります

こんな方はリキッド式電子タバコを始めてみよう

・様々なフレーバーを試したい

・本体のデザインも選びたい

・吸いごたえ欲しい

・ランニングコストを抑えたい

使い捨て式電子タバコ

使い終わったらゴミ箱にというタイプで

・価格帯がリーズナブル

・リキッドなど必要なく買ってすぐに使える

・充電不要

など特徴を持っています

こんな方は使い捨て式電子タバコを始めてみよう

・初期費用を抑えたい方

・とにかく手軽に試してみたい方

自分の合いそうな機種構成はは見つかりましたか?

機種の具体的な提案の前にリキッドのご紹介をします

リキッドの種類・選び方

リキッドの種類は非常に多く、電子タバコ専門店の中には数百種類のリキッドを取り揃えているところもあります。

そんな豊富な商品の中から、自分好みのフレーバーを選べるのが電子タバコの醍醐味です。

自分が好きな「味」や「香り」のリキッドを選びましょう。

リキッドの主な種類
タバコ系:タバコ、メンソールタバコなど
メンソール系:メンソール、ミント、ハーブなど
ドリンク系:お茶、ラムネ、エナジードリンクなど
フルーツ系:パイナップル、オレンジ、レモン、など
スイーツ系:チョコ、バニラ、クリームなど

個人的には初めに吸いやすいのはメンソール系やフルーツ系がお勧めですね

リキッドの簡単な紹介をしましたので

最後に本体のお勧めを紹介させていただきます

始めたの1台はこれだ!!電子タバコTOP3

これから電子タバコを始めてみたいという方におすすめの商品を3つ厳選してご紹介していきます。

・買ってすぐに使えるスターターキット

・多くの人に支持されている人気モデル

・電子タバコ初心者でも使いやすいモデル

といった基準で厳選しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

因みに全部リキッド式電子タバコになります。

使い捨て式電子タバコについては3つご紹介した後に別で購入場所までお伝えしちゃいます!

1位:Eonfine 電子タバコ

・付属品や消耗品費の種類が豊富

・パワー調整機能付き

・大容量バッテリー

・しっかりとスターターキットでの販売

・爆煙タイプで吸いごたえ

・本体価格も低価格帯

2.8MLの可視タンクを備えているので、何度もリキッドを補充する面倒がありません。一回の補充で長時間お楽しめいただけます!

2位:Veco One

濃厚な味や香りを楽しめるリキッド式

コンパクトサイズながらも優れた充電持ち

好みの蒸気量に調節できるエアフロー付き

など、ポケットにも楽に入るコンパクトボディと納得の吸い応えを両立しています。

また、リキッドを入れやすく漏れの少ない「トップフィル」という構造を採用しているため、リキッド式電子タバコに初めて挑戦する方にもおすすめです。

3位:DR.VAPE Model 2

上品で高級感のあるシンプルデザイン※

初心者でも買ってすぐに楽しめる使いやすさ

※レディ・ガガの元専属スタイリストがデザインを担当など、従来モデルから実力が大きく向上しており、お手軽タイプの電子タバコとしては最上級の1台といえます。

周りに差をつけるおしゃれで美味しい電子タバコとして、要注目のデバイスです。

いかがでしょうか?

気になる機種はありましたか?

私は1位を2台持っています。そのうち1台は壊れてしまいました。。。

誤って車でひいてしまいましたwwww

2位は私に電子タバコをお勧めした人が使用していました。

こちらも爆煙タイプでもあり中々良さそうでした

私のお伝えした内容で

あなたにも素敵な1台が見つかると私も嬉しいです。

最後に使い捨て式電子タバコは

ドン・キホーテのレジ前のやつ基本500円

これをまず試してみてwww

これを試して悪くないと思ったら、電子タバコ挑戦する感じでもいいかもしれないです!

タイトルとURLをコピーしました