電子タバコ リキッドはどこで買う

副業・趣味

電子タバコに絶対必要なもの「リキッド」ですね

このリキッドで電子タバコに切り替えられるかが決まると言っても過言ではありません。自分の好みのリキッドに出会えれば、紙たばこから電子タバコに切り替えるなんて簡単です。

リキッドには様々な種類があります。

リキッドの種類

リキッドの主な種類
タバコ系:タバコ、メンソールタバコなど
メンソール系:メンソール、ミント、ハーブなど
ドリンク系:お茶、ラムネ、エナジードリンクなど
フルーツ系:パイナップル、オレンジ、レモン、など
スイーツ系:チョコ、バニラ、クリームなど

これだけ種類があります。

ここから自分の好みを探す楽しみもあるのが電子タバコの良さでもあります。

リキッドは色んな種類がありますし、販売しているところも様々

正直迷うところです

せっかくランニングコストが割安の電子タバコに切り替えたのに知らず知らずのうちに高いリキッドを購入しているなんてことあったらがっかりです。

なので、今回は私が使っている、絶対お得なリキッドの購入方法をお伝えします!!

まず認識していただきたい内容が4つあります。

リキッドの価格帯

電子タバコに必要なリキッド

市販されているのは大体15mlで販売されています

皆様、御用達のドン・キホーテでは1800円前後ですね

Amazonだと1400円前後ですね

こんな感じですね。

リキッドの種類

冒頭で説明しましたね

リキッドの主な種類
タバコ系:タバコ、メンソールタバコなど
メンソール系:メンソール、ミント、ハーブなど
ドリンク系:お茶、ラムネ、エナジードリンクなど
フルーツ系:パイナップル、オレンジ、レモン、など
スイーツ系:チョコ、バニラ、クリームなど

こんな感じで種類が豊富ですね

自分がどんな風味が好みか考えることが必要です

リキッドのDYI

これはある程度慣れてくるとこれがまた楽しいです

私はパイナップルとソーダを掛け合わせるなどしています。

電子タバコを吸うにあたって経験上ですが清涼感があると非常に吸いやすくなりますね。

私の場合は、ソーダがある程度清涼感があるリキッドなのでいい感じになりますが、ソーダ以外にも清涼リキッドというものがあります。味を変えないのでどんなリキッドにも合いますので非常にお勧めですね。

電子タバコにニコチンは?

ニコチン込みのリキッドというものは正直市販で販売されていません

ネット販売はされています。

タールは入っていませんので有害はかなり減りますね

でも価格帯はかなりお高目な60mlで大体4,500円前後で販売されています。

ここまでご説明してかなりランニングコストかかりそうなイメージが付いちゃいましたよね。私もドン・キホーテに行って正直高いな~と感じました。

そこで私は電子タバコを勧めてくれた友人に相談をしました。

なんとすごいサイトを教えていただきました

リキッドに特化した販売サイトです

英語ばかりで怪しいと思わないでください

サイト名は「HiLIQ(ハイリク)

こちらはリキッド販売に特化したサイトになります

こちらでハイリクについて解説もしていますの

【絶対見て!】HiLIQ徹底解説&おすすめリキッド5選 – 青森と千葉を愛するパパ情報発信ト日記 (suterayjk.com)

会社概要 – Vapeリキッド,ニコチンリキッド,ニコチン卸売り,Vapeリキッド卸売り (hiliqjp.com)

本社を香港に置いている会社になります

なので輸入品扱いになります。

また日本ではニコチン入りリキッドは販売されていますが

ニコチンのみは販売されていません。

ニコチンのみ販売はNGですが自分で輸入して買うのは何の問題ありません。

日本はニコチン入りリキッドで風味が決まっていますが、このサイトでニコチンのみ購入すれば好きなリキッド同士で組み合わせを行い、ニコチン入りDIYリキッドが作成できます。

しかも15,000円までは免税なので非常に安い

私のおすすめリキッドパイナップル一番多い量60mlを購入すると9.09$

約1000円ですね。

日本の場合は15mlで1,500円

日本で60mlを購入するとなんと6000円!!!!!!!!

約4倍もお得に購入がここならできます

もちろん配送料がかかることはデメリットですが

0.5Kgで配送料は約10$ですので

余程な大量購入しない限りは約10$が配送料になります。

もうわかりますよね??

日本でリキッド購入するのは損しないのです

種類もかなり豊富で購入ごとにポイントも付きます

そのポイントを使い、値引きや購入もしっかりできます。

購入に必要なものは、

サイトへの登録「アカウント情報の登録」

アドレスや電話番号、配送先の登録が必要です

支払は残念ながらクレジットカードが必要ですが、プリペイドクレカカードでも

問題なく使用ができましたので安心してください。

せっかく紙タバコ、アイコスからランニングコストが割安な電子タバコに変えたのに

日本の消費税や値段に合わせて、割高なリキッドを購入していたら、結果ランニングコストは変わりません。

もっとそのランニングコストはお安く出来ます。

騙されたと思って一度見てみてください。

損はしません!!

私のこの発信をみて、電子タバコ仲間、HiLIQ(ハイリク)仲間が増えるとうれしいです

タイトルとURLをコピーしました