Xit Stick(サイト スティック)XIT-STK200・210を解説

家電製品・その他

今のご時世、TVが不要になって来たと思いませんか?

その理由は、オンデマンドサービスがかなり普及してきたことが要因ですね

1番新しいところでは日本サッカー代表戦がDAZOがほぼ独占放送になるということ

この流れから、TVが衰退しているのではと思ってしまいますよね。

またYouTube業界に芸能人が多く、参入しているのも1つの要因ではないでしょうか?

そうなってくると、新生活やマイホーム購入時にTVを買う選択肢が少なくなってきますよね

でも地上波の放送は見たいな~でもわざわざ3万や4KTVに10万を払うのは、、、、

そんな悩みを解決してくれるのが「Xit Stick(サイトスティック)」という機器になります。

元家電量販店店長の私が Xit Stick の中でも今回は「XIT-STK200」を解説していきたいと思います。

「Xit Stick(サイトスティック)」 とは

PC・スマホ・タブレットで見れるテレビチューナーです。

今回は日本で使用率の高い、iPhone向けのものを紹介していきたいと思います。

逆にandroidのスマホは事前にTVが付いているケースがあるので今回は、割愛しますが

リンク先にandroid用のものも販売されていますので、要チェック

XIT-STK200とXIT-STK210

今回はiPhoneにつけれる、Xit Stick(サイト スティック)をご紹介するということで

当サイトがお勧めする2種類を比較していきたいと思います。

誰でもぱっと見分かりますよね??

なんも変わらないですよね。

XIT-STK210はXIT-STK200の後継機種ということ。

一個前の機種がお買い得というのは普通理解出来ますよね?

こういう場合はどっちを買うか???

XIT-STK200とXIT-STK210 どっち買えばいい?

結論、言うと購入者の気持ちが大事というのが大前提になってきます。

これはどんな家電製品を購入するときも、心掛けていただきたいのですが、

長く便利に使いたいのか?とりあえずTVの代用品としてなのか?試し購入なのか?

この心理が非常に大事なんです。

なぜか?

古い機種でもいい商品ってたくさんありますが、残念ながらOSのバージョン次第では使えないってことも多々あります。

私は、iPhone8を使っています

ホームボタンが欲しいからです。でもずっとは使えないんです。なぜなら、アプリやその他の機械がOSにドンドン対応しないといけないので、あまりにも古い機種を使うと新しい付属機器が使えなくなるからです。

この内容を踏まえると?

長く使いたい場合は、新機種の XIT-STK210

とりあえず試しや、すぐに必要なかたのような間に合わせの方は XIT-STK200 という感じでしょうか?

Xit Stick(サイト スティックお勧めの使い方

今回はiPhoneやIPADに繋げれる機種です。

ではこのアイテムと一緒に繋げるオススメ機器は、

appleTVとプロジェクターのダブル連携で大画面構成も可能です。

じゃあこのトリプルセットはいくらか???

12980円

15,650円

12,880円

上記の商品41,510円(税込)でなんと50インチ以上の大画面を作成できるんです

この価格、4万円なら32インチのTVが購入できる価格。

50インチですと、こだわりがなければ6万前後で購入が出来るかなという感じです

この内容のメリットは?

まず置き場所が固定ではないということ。TVにTV台は置き場所固定ですが、この内容セットなら置き場所は自由で、配線もスッキリしちゃいます

他にもメリットがあり、スマホに繋げているので大画面でYouTubeやゲームなんかも出来ちゃうよ!!

いいことばっかり!!の内容です

逆にデメリットは?

これについては、正直プロジェクターの性能によっては白っぽい映像になってしまう恐れがあるので

プロジェクターの選定はしっかり行うこと。上記で出したプロジェクターは価格帯のわりにかなり性能がいいのでお勧めですね。

まとめ

これまで紹介した内容はいかがでしょうか?

最近TVを買う選択肢よりどれだけ内装をスッキリさせるかになってきています。

それにオンデマンドサービスの訴求がすごいのでTV離れも加速中です。

今は、スマホあれば、なんでもできる時代です。スマホに合わせて、使うアイテム、使う家電の組み合わせを考える必要があります。またTVが無く、このセット内容ならNHKの撃退にも使えるかもしれないですねwww

家電の買い方など困ったら下記を更にチェック!!!

損をするな!!新生活の為の家電の買い方 – 青森と千葉を愛するパパ情報発信ト日記 (suterayjk.com)

コメント

タイトルとURLをコピーしました